スタジオ・教師紹介

ごあいさつ

『クラシックバレエを通じての成長』

村山亮 横川真弓


クラシックバレエは、踊り、音楽、芸術、美術など様々な要素を融合した総合舞台芸術です。
そのクラシックバレエのレッスンは、身体を鍛えると共に、芸術性、音楽性、集中力、お行儀などを鍛える情操教育としてとても良いものです。

バレエの舞台では、それぞれが自分に与えられた役を責任もって演じる(踊る)為に、高い技術力と強い精神力が無くてはいけませんし、必ず必要となります。
教師は技術と舞台マナーをしっかり指導し、ダンサー(生徒)はそれを身に着け、より高い位置を目指す為に普段から切磋琢磨し、自己を磨き、成長していかなくてはなりません。
それには厳しい訓練も必要となっていきます。
しかしその分得られる力、経験は測り知れないものですし、経験した者でしか分からない大きな喜びや感動があります。
それはバレエだけでは無く、スポーツ、音楽、勉強、どのような分野においても1つの事を成し遂げるということは、いっぱいの楽しみ、いっぱいの辛さを経験しながら身に着けていくものではないでしょうか。

私共村山、横川は、それぞれ長い間クラシックバレエの世界に携わってまいりましたが、今までのバレエ人生で沢山の喜びを得たと共に、沢山の辛い事や壁にもぶつかって来ました。
その様な時には、いつも「先人」「先輩」「仲間」の言葉、行動に学び、なによりバレエがある事に助けられ、前に進める事が出来ました。
バレエを通じて各界の素晴らしい方々との出会いによって、沢山の影響を受け学ぶ事も出来ました。
職業としてバレエの世界を選び、そして続けて来られた事を本当に良かったと思っております。

芸術の世界には終わりが無く、一生勉強と言われ、私共もまだまだ勉強最中ではありますが、自分達の先生に厳しくも愛情をもって指導を受け、心身共に強く育てていただいたと同じように、生徒達にもこの素晴らしいバレエの世界をしっかりと伝えていき、そして先人から受け継がれている長いバレエの歴史を、少しでも次に繋げられるように努力、精進し、バレエ界に貢献してまいりたいと思っております。

「諦めない」「投げ出さない」「辛い事に立ち向かう」などをしっかりと身に着け、そして「いっぱいの楽しさ」と一緒に、子供達が夢に向かって大人に成長していく上で様々な壁を乗り越え、将来バレエダンサー以外のどのような職業についたとしても、バレエの経験を活かし、何事にも立ち向かえる強い人間に成長して欲しいと同時に、その成長を自分の努力だけで成し遂げたのではなく、周りの様々な人々に育てていただいたと思えるような心をもつ人間に成長して欲しいと願います。

「友達を大切に」「仲間を大切に」「家族を大切に」・・・感謝の気持ちをもって何事にも取り組み、自分の努力においてレベルアップを「自分で勝ち取る」。

当スクールではこのような理念と指導方針で、生徒、私共教師が一丸となって、バレエ通じて心身共に成長してまいりたいと思っております。


村山亮  Ryo Murayama

村山 亮松山バレエ学校入学後、松山バレエ団入団。
松山樹子、清水哲太郎、森下洋子、バレエ団の各教師に師事し、全公演に参加、様々な作品にてソリスト として活動。
「くるみ割り人形」の王子役で主役デビューし、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」等でも主役を務める。同 時に松山バレエ学校の教師としても活動。
2002年、バレエ団を退団。
同年、ロシアで開かれたジャパンフェスティバルにて、創作バレエ「風神・雷神」をモスクワのマールイ 劇場にて雷神役で出演。
現在まで日本バレエ協会、スターダンサーズバレエ団、NBA バレエ団、小林紀子バレエシアターなどを はじめ、オペラ、ミュージカル等、他多数の国内外の有名作品にゲストダンサーとして出演。
(前)・昭和音大非常勤講師
(現)・小林紀子バレエシアターゲストソリスト

 

主な出演作品


【松山バレエ団】
  • 「くるみ割り人形」王子、花のワルツプリンシパル、葦笛、アラビア、チャイナ、スパニッシュ、雪の王、ハレルキン、カピタン
  • 「新白鳥の湖」王子、ベンノ、パドシス
  • 「ジゼル」ペザントパドカトル
  • 「ロミオとジュリエット」ベンヴォーリオ
  • 「シンデレラ」舞踊教師、王子の友人
  • 「ロッシーニ・ディベルティメント」第 6 楽章プリンシパル
  • 「コッペリア」
  • 「ライモンダ」
  • ルドルフ・ヌレエフ振付「眠れる森の美女」宝石パドサンク、ブルーバード、4人の王子
  • ジョージバランシン振付「テーマとバリエーション」

【その他】
  • 小林紀子振付「くるみ割り人形」スパニッシュ、ネズミの王様
  • アンドレ・プロコフスキー振付「アンナ・カレーニナ」パドシス
  • セルゲイ・ヴィハレフ振付「ドン・キホーテ」
  • ケネス・マクミラン振付「エリート・シンコペーション」
  • ケネス・マクミラン振付「眠れる森の美女」4 人の王子、カヴァリエ
  • ケネス・マクミラン振付「マノン」クライアント
  • ケネス・マクミラン振付「アナスタシア」皇帝の副官
  • ケネス・マクミラン振付「Winter  Dreams~三人姉妹~」チェブトイキン
  • ケネス・マクミラン振付「グローリア」
  • フレデリック・アシュトン振付「2羽の鳩」

横川真弓 Mayumi Yokokawa

幼少の頃から国立バレエスタジオにてバレエを始める。
その後、松山バレエ学校入学、松山バレエ団入団。
松山樹子、清水哲太郎、森下洋子、バレエ団の各教師に師事し、全公演に参加。ソリストとしての役柄も多数踊り、同時に松山バレエ学校の教師として子供から大人まで幅広く指導を行う。
2002 年バレエ団を退団。
同年にはロシアモスクワのマールイ劇場にて開催された、ジャパンフェスティバルにて、創作バレエ「風神・雷神」の風神を踊る。
その他、オペラ、ミュージカル、ヘアーショウ、舞台「鹿鳴館」などバレエ公演以外にも様々な公演にゲストとして出演。
2012 年には小林紀子バレエシアター公演「アナスタシア」にゲストとして出演。

主な出演作品


【松山バレエ団】
  • 「くるみ割り人形」花のワルツソリスト、ロシア、チャイナ、スパニッシュ、雪の精ソリスト
  • 「新白鳥の湖」小さい4羽の白鳥、パドサンク
  • 「ロミオとジュリエット」ジュリエットの友人
  • 「ロッシーニ・ディヴェルティメント」ソリスト
  • 「コッペリア」
  • 「シンデレラ」
  • 「ジゼル」
  • 「ライモンダ」
  • ルドルフ・ヌレエフ振付「眠れる森の美女」オーロラの友人
【その他】
  • ケネス・マクミラン振付「アナスタシア」